John Mayer 。。。

30年ぶりに行った武道館は想像以上に狭く、旧式だった。

昨日はお休みをとってジョンメイヤーのライブに行ってきました。

ジョンメイヤーの音は16分音符の狂いもないリズムと音程で刻まれていて、自分自身もその音の渦の中に身を投げ込んでしまう。

彼ははギターを自由自在に扱う。

字を書くように、手を洗うように、メロンパンを食べるように。

普段の声は低いが、唄ったときの高音も力強く気持ちがいい。

曲が終わって”Thank you”という声がライブ盤で何回となく聴いた声で嬉しかった。

フェンダーストラトキャスターのトーンも水蒸気のように皮膚に入ってくる。

ゲストでエドシーランが出てきた時はおとなしい日本人観客も最大に興奮した。

ジョンメイヤーの音楽は大人っぽい。

もし僕が15歳の少年だったら、エドシーランの音楽も僕の心臓を貫いていただろう。

ライブが終わった次の日でも少しの温度が残っていて、今日もジョンメイヤーのライブ盤を聴いてしまうだろう。

音楽のパワーは偉大だ。

今宵もどうぞよろしくお願い致します。