硫黄島からの手紙 。。。

みなさまこんばんは。

クリント・イーストウッド監督の映画を観ると、いつも不思議な感情が呼び起こされる。

その感情は普段の生活ではあまり感じることのないもの。

「硫黄島からの手紙」も今まで感じたことのない気持ちにさせられる映画だった。

アメリカ人のイーストウッドが描く日本人の気持ちはリアルで違和感がなかった。普通、外国人が描く日本人は真面目で勤勉で少し変わったキャラクターだが、この映画を観た外国の人々は日本人の見方が変わるかもしれない。二宮和也演じる陸軍一等兵は斜に構えた、やる気のあまりない、忠実性もない落ちこぼれだ。彼の演技はピカイチに良かった。

不思議な気持ちになる素晴らしい映画だった。今宵もどうぞよろしくお願い致します。

硫黄島からの手紙